toggle
2018-04-08

リベッラ(品種リボッラ・ジャッラ+シャルドネ)

土着品種第2番目ともいえるリボッラですが、当カンティーナでは、ブレンドワインとして製造しています。土着品種のなかでも同種は非常に古い歴史のあるもので、土地に根付いた自然抵抗力のある逞しさがあります。果実は丸く大きく薄い黄色い果皮を持ち、立派な房となります。果実の熟成は遅めです。

ブドウ品種

リボッラ・ジャッラ、シャルドネ

ブドウ栽培について

平均樹齢:15年
植樹密度:4,500本
仕立て方法:ダブル・グイヨー
生産量:9,000リットル/1ヘクタール
収穫時期:9月下旬

醸造・熟成について

リボッラ・ジャッラとシャルドネは、果実の熟成の時期の違いもあり、分けて醸造される。 破砕、軽く圧搾後、18-20°Cに保たれたスタンレスタンク内にて、土着酵母を添加して発酵。熟成は、澱引きせず、翌春に2種を混ぜ、瓶詰めする。

特徴

色:淡い黄金色。
香り:花を思わせる清楚ですっきりとした、濁りのないシンプルな香り。
味わい:生き生きとしたフレッシュ感、清楚かつピュア感のある味わい。

料理との組み合わせ

食前酒として。魚介をべースとした前菜など。軽い料理と相性がよい。

適温:10°C
アルコール度数:12.0%
総酸度:6.5g/1リットル

関連記事